税理士をどう活用するか!?

税理士の髙島です。 今回は『税理士をどう活用するか』ということについて 少し触れたいと思います。 税理士という職業を一括りにするとわからないのですが、 実は税理士にも二種類のタイプに分けられます。 それは『作業を請け負う税理士』と『意思判断の手助けをする税理士』です。 『作業を請け負う税理士』とは 確定申告だけする。 領収書のチェックだけする。 このような税理士でしょう。 本来の税理士のスタートは申告代行業ですから、 旧来の税理士はほとんどがこちらのタイプです。 もう一つの『意思判断の手助けをする税理士』とは 経営をするうえで役立つ資料を作成する。 同業者の事例をもとに最善の方法を提案する。 このような税理士でしょう。 私のお客様は不動産オーナー様がメインなので、 『いま建設した方がいいのか』 『相続対策として建てた方がいいのか』 『会社を設立した方がいいのか』 このような質問を受けます。 その時に過去の財務データ、現状の相続税額、家族の将来像によって、 具体的な数字をもとにお客様に説明をさせていただきます。 どちらの税理士のメリット、デメリットがあります。 ご自身で判断ができるという方は『代行型税理士』の方が費用が安く済むでしょう。 自分の判断では不安という方は『意思判断の手助けをする税理士』に 頼む方が月次の費用は掛かりますが、結果安くすむと思います。  令和元年6月4日 税理士 髙島聖也