不動産所有会社 会社設立時の注意点

税理士の髙島です。 今回は会社設立時の注意点として 借入金の返済方法について少し説明したいと思います。 当事務所に会社設立のご相談を来られた方で 多い問題点は借入金の返済方法について『固定金利』を採用している場合です。 個人所有の建物を会社所有に変更する場合には、 個人の建物を会社に売却していくことになります。 この時に個人に借入金があれば、それを 会社に借換をしていくような形をとるのですが、 この時に問題になるのが、 個人の借入金を5年固定金利などで契約している場合に、 それを中途で返すようなことになるので、 解約違約金をとられてしまうということです。 固定金利とは低金利で長く借りれるメリットがある反面、 中途で返済する場合には違約金がかかるようになっているのです。 結構割高な違約金がかかります。 銀行によっては、同一融資先ということで違約金をとらないところもありますが、 基本的にはかかると思っていたほうがいいです。 このような問題点を回避するためには、早い段階で会社設立のタイミングを 見極め、法人化のタイミングが直近である場合には 変動金利を採用しておくということでしょう。 物件によって会社に移すタイミングは予測することができます。 もしこのようなことでお困りの際は、ご相談いただければと思います。  令和元年6月5日 税理士 髙島聖也