不動産オーナーの安定した財務基盤

税理士の髙島です。

当事務所のお客様には不動産所有会社のお客様が10数件あります。

そのお客様の決算をするときに、しっかりと預金が増えているか

前年よりも純資産が増えているか。

これをチェックしています。

相続税対策というと、借入をして建物を建てる。

どちらかというと純資産を減らすイメージですが、

不動産所有会社のメリットは毎年の税金を安くすること。

そして、しっかりとした預金を貯蓄する。純資産を増やすという

ことに尽きると思います。

なにがあっても大丈夫な状態を作っていく。

これは経営者が常に考えなければいけない絶対条件です。

そのためには、毎年の決算書を見ながら、

自社は安全な経営ができているのか。

無理をしていないか。

建て替えの建設費用をためるためには

あと何年必要かなどを検討することが大切です。

今月は設立3期目の不動産所有会社の決算を精査しておりますが、

順調に純資産を増やしています。

お客様の経営改善はとてもうれしいものです。

 令和元年8月1日 税理士髙島聖也