厳しい時代を乗り越えるためには!?

税理士の髙島です。

10月から消費税アップということで、

それまでに物件を会社に売却したいという

法人化案件を現在4件行っております。

その中で借入金があるところについては

金融機関との打ち合わせを行っています。

その中で思うことは、

借りたお金は返さないといけないということです。

今は低金利ですから銀行は貸付をしたがります。

金融機関にとって厳しい時代です。

そんな時に借りたお金を不動産オーナーさんたちは

これから返していかなければいけないのです。

借りたご本人だけで終わるケースもあれば

孫まで返済期間が及ぶケースもあるでしょう。

これから不動産経営は厳しい時代に向かっていきます。

厳しい時代を乗り越えるためには、

不動産だけでは難しいです。

お金が必要です。

不動産とお金のバランス。

そして何かあった時に耐えられるだけの余裕資金。

これを作っていく仕組みが必要になってくるのです。

また、任せっきりの経営では絶対にお金は残りません。

しっかりと自分自身で管理と把握をし、

何があっても大丈夫という状況を作り出す

努力をする必要があると思います。

それが経営なのです。

不動産オーナーも経営者。

一緒に頑張っていきましょう。

 令和元年9月12日 税理士髙島聖也