外壁塗装の時期(大手ハウスメーカー・軽量鉄骨の場合)

税理士の髙島です。

昨日、ご質問があった事例について、悩まれる方が

多いと思いますので、ブログで紹介したいと思います。

大手ハウスメーカーで建設された方で

一括借上げを受けている場合。

子会社の管理会社から

「築年数が10年になりましたので、外壁のリフォームで200万円必要です。しないと保証が・・・・」

こんなケースが増えているようです。

提案を受けたオーナーさんも「まだ新しいのになぁ。本当に必要なの?」

と思ってしまうと思います。

私も本当に必要なのだろうかと思うのです。

そもそも当初の事業計画には10年目でのリフレッシュ工事が

予定されていたのかが疑問です。

ここにはハウスメーカー子会社の

「リフォーム工事受注という営業ノルマ」があるように思います。

 

ここで不動産オーナーさんも経営者的な感覚を持っていただきたいのです。

営業に言われたから修繕をするのではなく、実際に必要なのか。

そして軽量鉄骨の場合は40年~45年の事業期間です。

この事業期間中に何回の外壁塗装をするかによって、

トータルの収支も変わってくると思うのです。

10年おきにする場合には 3~4回になります。

15年おきにする場合には 2~3回になります。

1回の修繕費が数百万円になります。

ここは『営業マンに言われたから」ではなく、

しっかりとした決断をしていきましょう。

 

   令和元年12月6日 税理士 髙島聖也