目標に手段を合わせるな!手段に目標を合わせよ!

税理士の髙島です。 令和元年最後のブログです。 いま紅白を観ながら、来年の目標を整理しています。 今日改めて思ったのは、何が目的なのかを見失わずに 一つずつ目標を達成していくことが重要だということです。 私も経営者ですから当然に売上目標を立てて 行動を計画し、達成することを目指しています。 しかし、売上の達成が目的ではないということです。 一番大切なのは『お客様にどうやって喜んでもらうか』 ということです。 経営をしていくうえでこと目的からそれてしまうと 変な方向に行ってしまいます。 中小企業の経営支援をしていると この目的を見失ってしまっている場合があります。 不動産オーナー様も 『法人設立』や『家族信託』など セミナーでいい話を聞くとそれを目的に 行動してしまう衝動に駆られてしまうかもしれません。 しかしここは一度落ち着いて、 『これに取り組む目的は何か』 と一度問うと良いかもしれません。 また、資源には限りがあります。 あまりにも大きい目標があると ついつい無理をしてしまう場合もあります。 その時は戦国策の 『目標に手段を合わせるな!手段に目標を合わせよ』 を基準に考えてみる必要があるかと思います。 そんな大きな建物を多額の借入をして建てる必要があるのか? 身の丈に合った経営はできないのか? 私もついつい調子に乗ってしまうタイプなのですが、 そのたびにこの戦国策を思い出して、 起動修正しています。 皆様もぜひご参考に。   令和元年12月31日 税理士 髙島聖也