令和2年度の住民税通知書が届き始めました!【ふるさと納税】

税理士の高島です。

全国的に緊急事態宣言が解除され、

徐々に日常の生活へ、、

しかし、当面はコロナとともに生活していく日々になるのでしょう。

今日、お客様から住民税の通知書が届いたとの連絡がありました。

住民税について、普段であればあまり確認をしないのでしょうが、

ご質問を受けたのが

「ふるさと納税をした金額が住民税から控除されているか不安」

との内容でした。

ふるさと納税の仕組は難しい仕組みになっていて、

ふるさと納税をした金額が10万円だったとしたら、

10万円から2,000円を引いた98,000円が

所得税と住民税から控除されます。

どちらからいくらずつ控除されるかは、

その方の所得によって、変わってきます。

また、所得金額が多いいか少ないかによっても、

限度額が変わってくるため、また難しいのです。

税理士である私でも計算が複雑だと思うのですから、

一般の方はもっと難しいと思います。

ちなみに、今日ご質問を受けた方は税金が増えていたのですが、

その原因は、

「昨年より医療費が減っている」という理由でした。

皆さまの手元にも、住民税の納付書が届くと思います。

その中に所得の明細もあると思いますので、

一度ご自身の税金がどのようになっているか

見直しをしてみていただければと思います。

 令和2年5月26日 税理士 高島聖也