目標を数値化することの大切さ

税理士の高島です。

6月より通常勤務に戻すという中小企業が多いようです。

一方、大企業はまだ慎重にいくという企業が多いようです。

やはり、6月以降もウィルスとの共生していくということなので、

いきなり通常勤務というのは、少しリスクがあるように思います。

政府も徐々にとお願いしていることもあります。

人との接触8割カットから5割程度にということも

いわれております。

当事務所でも6月は5割カットを目標にやっていきたいと思っております。

ここで、大事にしておきたいのは、なぜこの目標を立てるのかということです。

まず目的は「感染予防をすることにより、経済を回しながら、安全な生活を送る」ということです。

医療崩壊を起こさない、経済も守る。そのために

当事務所としてできることは何かを考えるということです。

次に目標です。これが「5割カット」ということになります。

そして、そのための方法ですが、

これについては、明日の所内会議でスタッフと一緒に考えたいと思います。

5割カットといえば、

たとえば、毎月あっていた関与先様について、6月は面談するが、

7月はテレビ会議を行うという

方法があります。

また、3時間面会していた関与先様について、

リモートなどを使って1時間半に短縮するという方法も

あります。

目標が決まれば、それによって手段はいくらでもあるのです。

やはり、目的と目標を決めて行動することの大切さがここにあります。

それと、その後の検証も大切です。

コロナ対策といえば、大変そうですが、

いつも行っている対策を整理しながら行うことが大切ですね

皆様も身の回りの方の安全を保ちつつ、経済活動を行っていく

ためには、どのようなことを行えばいいのか、

考えてみてください。

  令和2年5月31日 税理士 高島聖也