不動産オーナーの地域戦略

税理士の髙島です。

私は不動産オーナーを中心とした相続・財務のコンサルティングを

行う傍ら中小企業の顧問業務として経営戦略の指導も行っています。

その中で「地域戦略」という考え方があるのです。

税理士業も訪問を中心としていますので、

きまった顧問料の中で遠くにお客を作ってしまうと

移動時間という見えない経費で忙しいのに利益が出ないという

状況に陥ってしまいます。

そうならないためには、どこのエリアでお客を作るかを決めなければ

いけません。

先日、不動産オーナー様に「将来不動産を買うとしたら

どこで買いますか?」と聞きました。

そうすると「自転車で15分」と

明確な回答が返ってきたのです。

私は「地域戦略」の考え方は不動産経営においても

当てはめることができるのだととてもびっくりしました。

これから賃貸経営というのは人口減少や投資家の増加により

地主オーナーからするとかなり厳しい戦いになってきます。

不動産オーナー様も経営者として戦略的な発想が求められる

時代になってくるのだと思います。

その時に差別化できるのが「地域」という考え方です。

地域戦略をマスターしていれば下記のようなことでメリットがあります。

□近隣の地価相場や家賃相場を知っているので、競争で有利

□地域の不動産会社と仲がいいので、紹介がもらいやすい。

□地域が近いと、物件の管理も楽。

□移動時間が少なく手済むので、経費が安く済む

 

ぜひ皆様も不動産経営において『地域戦略』という考え方を

取り入れてみてください。

 

 令和元年8月27日 税理士髙島聖也