専門特化できるという強み!

税理士の髙島です。

今日は、午前中に飲食店兼不動産オーナーの方へ、午後に建設業経営者の方へ

経営勉強会を行いました。

夕方からは専門家(税理士、司法書士、弁護士、不動産)向けの法人化勉強会を

行いました。

私は高校時代に税理士を目指した時から、税理士の使命はお客様の経営に寄り添っていくことだ!

と思っていました。

でも実際は、税理士業界は税務申告だけをしているというのがこの業界の実情だったのです!

開業するときに、本当に経営に寄り添う!経営助言ができる事務所を目指したいと思いました。

しかし、経営をしたことはない自分に何ができるのだろうと迷っていました。

その時、関与先の方が「経営者になるなら経営の勉強をしないと」と

教えてくれたのが「ランチェスター経営戦略です」

この経営手法を勉強したときに私は目からうろこという感じでした。

この経営手法を関与先に指導できることができれば

中小企業を本当の意味で支援することができる!

ただ、自分が実際にやってもいないのに、関与先にやってくださいというのは

違うなと思ったのです。

自分の限りある知識と強みでどの業界に喜んでもらうことができるかを

考えました。

「相続」「不動産」「対策」このキーワードで喜ばれる事務所を作りたい

そう思って6年。お客様から喜ばれる税理士事務所に

一歩一歩近づいているように思います。

本日の勉強会に地場では大手の不動産会社の社員の方が参加されていました。

不動産会社も相続対策に力を入れています。

ただ、不動産オーナーといっても色々な方がおり、

悩みも色々です。

○○専門、○○に強いです、○○のことならお任せください。

大手はこれを言うことができません。

不動産のことならなんでもお任せください!

そうなってしまうとどこにも強みができてこないのだと思います。

ランチェスター経営戦略を自社の経営に役立て

お客様の経営に役立てる!

特にこれからは不動産オーナー様の経営助言にも役立てることが

できる要素があることがわかってきました。

これからも研究を続け、よりお客様に喜んでもらうような

仕組みを考えていきたいと思います。

 令和元年11月12日 税理士 髙島聖也